クリーニング店で見かけるもの

普段、クリーニングを利用することがあまりなく、母が父のスーツやお葬式の後に礼服を出しているのを見かけるぐらいだったのに、縁があってバイト(手伝い)をしたことがある。受付は大抵、女性それもおばさんが多いせいか、珍しがられたり「若い子じゃ分からないだろ。」と馬鹿にされたりで、あまりいい思い出はないものの、珍しいものもたくさん見た覚えがある。

/

クリーニングに出すものといえば、男性のスーツをまず思い浮かべるけれど、女性のスーツもよく見かけたし、学生服を出す人がけっこういるのに驚いた。うちの母は自宅で洗っていたので、考えたことがなかったけど、キチンとしたい人・お金の余裕がある人はクリーニングに出すもののようだった。

そう、わざわざ、「クリーニングに出す」のはお金に余裕がないとできないことで、たとえ忙しかろうとクリーニングしたりしない。かなり特殊なもので、自分でできないものなら仕方なく出すけれど、セーターやダウンなども、自分でしようとすればできなくはない。

高価なシャツやコート類・着物にドレスなどいつ着るんだろうと思うような、オシャレ着を見たことがあるし、穴のあいたり、裏地が破れたスーツや毛玉だらけのセーター・シルクの柄シャツ(その筋の人?)など珍しいものも見かけた。何をクリーニングしようと個人の自由だけど、いろんな人がいるなぁと思った時間だった。